野菜を焼いて食べる

野菜を焼いて食べる

野菜をバーベキューや付け合わせとして焼くときもあります。屋外のバーベキューもしくは海外ではオーブンで食事を作る、料理を焼き上げる事が多いので、肉や魚のメインディッシュとともに表面がほどよく焼けたカボチャ、トマト、茄子、ポテト等が一緒についてきます。それがほんのり肉や魚の香りがついて美味しいんです。

 

ちょっと大雑把に見えるオーブンでの調理法ですが、それがまたいいのかもしれません。焼く以外に、野菜を揚げる、日本の天ぷらや串揚げがありますが、もしカロリーを控えたいなら、野菜を蒸す、もしくは焼いてみましょう。いままでとはすこし違った味覚で楽しいです。ドレッシングも控えめにして、ノンオイルのものを使うと、野菜そのものの甘みや美味しさを味わえます。

 

いも系やカボチャなどは熱を加えるだけで甘くなるので、他に味をつけなくてもほくほくしたところを頂いても、お菓子にしても、スープにしても美味しいです。素材の本当の美味しさを味わうためには味をつけずにそのままいただいたり、焼いたり、煮たりするのが一番です。

 

恵比寿 パーティー
バシュロン 買取