野菜を煮て食べる

野菜を煮て食べる

野菜を煮て食べるのは、日本では里芋やカボチャが定番ですし、カレーやシチューではこれでもか、と野菜を入れる方は多いのではないかと思います。フランス料理でもポトフや野菜の煮物料理は沢山あり、ヘルシーでありながら味わい深く、とても人気があるメニューです。また日本でもそうですが、肉や魚と野菜を一緒に煮込んでそれがまた味わいを深めるメニューが世界にたくさんあります。

 

日本でいうと肉じゃががあります。また、濃厚で色々な具材を入れるスープが海外では主流ですから、スープを食事として考えている人が多いです。ミネストローネスープなどを頼むと、数えきれないくらいの野菜が沢山入っていますね。ビタミン補給として、寒い時期を乗り越える熱いスープとして、このような野菜スープは非常に助かります。また野菜は煮ると柔らかくなり、主菜の添え物としても大活躍。アーティーチョークなども付け合わせとして美味しいですよ。ポテト、茄子、ブロッコリー、トマトも付け合わせとしてよく登場します。