お刺身や生で食べる魚介類

お刺身や生で食べる魚介類

日本では魚や魚介類は、新鮮で取れ立てのものは生で食べるのが普通です。お魚ならその場でお刺身にする、またホタルイカ、シラスなども生の踊り食いをします。

 

それくらい新鮮で、生で食べるのが一番美味しいことを知っているのでしょう。いままで海外ではこうした魚介類を生のままで食べるのは牡蠣以外あまりみられませんでしたが、最近では寿司や刺身ブームもあり、どんな都市でも、寿司、刺身は食べられるようになりました。外国でうまれた寿司メニューもある程です。お刺身のあと、焼く、煮る、揚げるなど、どんどんその鮮度によって調理法をかえていくのが日本では一般的です。でも新鮮なものなら、刺身、そしてちょっと焼いて塩と薬味でいただいても十分その美味しさが分かるのが魚介類です。

 

栄養も豊富なので、どんどん魚介類をあなたのメニューに取り入れてはいかがでしょうか。また、同時に海藻も一緒に取ると、ミネラルが一杯です。せっかく日本に生まれたのですから、海の幸を心行くまで味わいましょう。