グリルで蒸し焼きに

グリルで蒸し焼きに

さわやかな味わいで食がよくすすむのが、グリル、蒸し焼きにする方法です。これには、ハーブや柑橘系の果物を入れて蒸し焼きにします。海外でよくされるのが、この魚をグリルや蒸し焼きにする調理法なのですが、美味しいメインディッシュということで魚も、トマトとともに煮られます。これはイタリアやスペインの調理方法ですが、他にもパスタの具になったり、また、ご飯と一緒にパエリアにもされます。

 

タコ、イカも食べるのが、ヨーロッパの南部などの地方ですが、これうしたものは日本人の舌にもよく合っていますね。鮭の身や白身を使った蒸し焼き料理も多くあり、魚を一緒に煮た様なブイヤベースという料理もあります。これはフランス料理になりますが、ムール貝やその他魚介類も、よく使われています。

 

軽く柑橘類をかけて食べるのが牡蠣ですが、生で食べるのと同時に時々焼いたりもします。火を通した料理がメインだったのが海外の魚料理で、焼くか煮込むかということがほとんどで、生で食べると言う事は、まずありませんでした。しかし、最近では刺身や、カルパッチョ的な料理が多く出てくるようになったということで、これは日本料理の影響を受けてとのことです。