焼き魚で食べる

焼き魚で食べる

焼き魚はお魚の美味しさを最大限にいかした調理法です。新鮮な魚なら、軽く塩をふるだけで、あとは金網の上において両面を焼くだけで簡単調理が可能です。サンマやいわしのように丸焼きにしてもいいものから、くさややアジのようにすでに干物になっていて、簡単に調理できるものまでバラエティ豊かですね。

 

焼き魚を焼く時は、あらかじめその金網をよく熱しておくと、魚の身がくっつかなくて失敗が少ないです。また、やや型崩れしやすい魚のときは、串を刺して焼くと上手に焼けます。バーベキューや屋外で魚を焼く時は、焼き串をもっていくと便利ですし、せっかく釣りで釣れた魚ですから美味しく焼きあげるように一手間かけるのを忘れずに。仕上げにすだち、レモン、また大根おろし、みょうが、はじかみなどを添えるとますます焼き魚が美味しくなります。

 

最初に上に盛りつけるほうを焼いてから裏返します。そのときに魚の形を崩さないように気をつけてください。