魚の焼き方は

魚の焼き方は

焼き魚は、基本的には、金網の上においたりして両面をよく焼くだけで、簡単にできる調理法です。味付けは軽く塩をふるだけでいいのですが、魚の美味しさを上手く活かした調理法ですね。形が崩れやすい魚は、串を刺しておくといいのですが、魚の身がくっついたりした失敗することがないように、金網をよく熱しておいてから魚を焼くと良いようです。

 

まずは、魚の形を崩さないようにする為に、上に盛りつけるほうを初めに焼いてから魚を裏返します。崩さないように気をつけないといけないのですが、その他に焼き串を使うといいのが、バーベキューで魚を焼く時や、屋外で魚を焼く事であります。こういう時には、手間をかけることも重要になるのですが、レモンや大根おろし等を加えると、より美味しく食べられます。
その他にも、みょうが、はじかを加えてもいいのですが、釣ったばかりの魚には、こういう風にひと手間かけると、非常に美味しく食べられます。

 

しかも魚は、バラエティが豊富なのも特徴で、丸焼きにするさんまやイワシ、干物になっているくさややアジなどがあります。