野菜を生で食べる

野菜を生で食べる

野菜をお洒落におつまみとしてスティック状に切って食べたり、パーニャカウダーといって生のままソースをつけて食べるのも流行しています。もともと野菜は生で食べる淡色野菜と、煮たり焼いたり調理して食べることが多い緑黄色野菜に分かれていますが、最近はその垣根がなくなり、新鮮な緑黄色野菜、ちょっと固めの物を薄くスライスして、そのまま生で食べることも増えています。

 

サラダも最近は海外のすこし変わったサラダ、オリーブやオリーブオイル、食材を使ったものが沢山出回るようになりました。またサラダ自体がランチになるようなスタミナ、ボリューム一杯のサラダ、チキンやチーズが入っているものも種類豊富です。しっかり野菜を食べて、ビタミン、ミネラル繊維をとりましょう。歯ごたえのあるものを食べると腹持ちもいいし、ダイエットにも効果的です。サプリメントを取るよりも、生の野菜や煮た野菜を食べるようにしましょう。さまざまな野菜をまぜてバランスよく、彩りもよければ食がすすみますね。