牛肉の調理方法

牛肉の調理方法

ごちそうというと、何か特別な事があった時に外食で食べられるのですが、焼き肉、すき焼き、ステーキということがよく食べられていて、牛肉を使った料理が多くあります。サーロインやヒレ、リブロースは柔らかいもので、スネ、バラ、肩は固いもので、同じ牛肉と言っても、その部位によって、料理法が異なるのですが、柔らかいものは、焼き肉やステーキ、固いものは、カレーやシチューなどの煮込み料理に最適です。

 

食べられない部位はスープストックを作るのに使用したり、スジ肉もよく煮込んで、美味しく食べられます。さらに、普通に煮込むのではなくて、ワインやビールと一緒に煮込むとさらに柔らかくなるとのことで、こうしたこともよく使われています。なので、肉によっていろいろな調理法があり、味付けが工夫できるのですが、脂身が多い牛肉を焼くときは、早めに塩こしょうをかけたり、赤み肉の場合は肉の旨味を逃がさないように、焼く直前に塩こしょうをします。牛肉は生で刺身として食べる事もあるのですが、いろいろな食べ方で、美味しく味わえるのが特徴です。