魚を食べる日本人

魚を食べる日本人

日本では海のものというといろいろな食べ物がありますが、新鮮で取れ立ての魚や魚介類は、そのまま生で食べます。獲れたばかりの魚はその場ですぐにお刺身にしますし、生の踊り食いをするのも、ホタルイカ、シラスがあります。

 

日本人はこういう風に魚は新鮮なまま、生で食べるのが一番美味しいことを昔から知っていました。しかし、海外では、牡蠣以外は生で食べる魚介類はないとのことです。最近では、多くの都市で刺身や寿司として生の魚が食べられるようになったということで、外国で独自につくられた寿司もあるほど、寿司ブーム、刺身ブームが多くの地域で起きていています。

 

魚介類は新鮮なものは、そのまま刺身にするのが一番ですが、その他には、ほんの少し焼いてから塩を薬味をつけて、食べてもいいですね。いろいろと調理法をかえていくのも魚料理の特徴で、鮮度によって煮たり焼いたり、揚げたりと変化していきますね。日本に生まれたからには、豊富にとれる魚介類を食べたいものですが、海藻も一緒に食べると、ミネラルもとれて、より栄養豊富で体にいいですね。