経験がものをいう?!料理すること。

経験がものをいう?!料理すること。

それまでまるで、料理ができないからといって困ることはなかったのです。それが、そのときがきました!それは、結婚をしたときでした。

 

しかも、義両親と完全同居で、料理は私にまかされることになりました。それまで料理したことが全くに等しいほどしたことがなかった私は、うろたえました。

 

まずは、数冊の料理本を買ってできそうなものを探し材料を買い物しました。毎日、料理本を見ながら分量を一つ一つ丁寧に測り、手順をふみ料理をしました。一つの料理をするのにどれだけ時間がかかったことでしょう。

 

しかし、すぐに限界がきました。重圧にたえられなくなったのです。義父母が食べてくれるような料理を私は作れない・・・と。主人とけんかをし涙を流し・・・。それでも、料理を作ることからは逃げられなかったので、来る日も来る日も料理と格闘しました。

 

年月がたってくると、手を抜くということを覚えました。効率よく料理をするということも覚えましたし、義父母の味の好みにあわず作ったものを残される時も割り切れるようになりました。その代り、私の作ったものをおいしいと残さず食べてくれる子供達が産まれてきてくれました。

 

その間、パソコンを購入し、レシピを簡単に検索できると知ったときにはとても感激しました。まだまだ上達の余地がありそうですが、あのときよりも余裕をもって料理に挑めています。

 

太陽光発電の査定なら→http://tenbai-chukai.unieco.jp/