煮魚で食べる

煮魚で食べる

煮魚で食べると、魚の味わい、そしてそのだし汁の美味しさでどんどんお酒やご飯がすすんでしまいます。すこし臭みや癖のある魚、もしくは身がすこし固い魚でも、しっかり煮込むことで美味しく調理できます。

 

サバの味噌煮とか、ぶり大根は魚の煮物の代表的メニューです。素材の良さを最大限にいかす調理法だと思います。また魚独自の臭みをとるためにショウガや薬味を加えるとより美味しくいただけます。タラちり、てっちりなど鍋もいいですね。また、魚の身をすりつぶしてつみれにしたり、魚の練り物は鍋やつゆものにも大活躍です。甘辛い味付けで、鯛や鰈を煮つけたものはごはんにも良く合いますし、お酒のおつまみとしても愛される味です。

 

鰈などは一回揚げてから、あんかけで仕上げる場合もあります。煮魚は油を使わない調理法として、食事制限やダイエットをしている人にもすすめられています。ただし、病気の方は味付けを濃くしすぎないように注意してください。魚で煮出しただしを厚揚げ豆腐や野菜を煮るのにつかっても美味しいです。

 

 

新宿 ライブハウス