大好きな食材を使ってお料理

 

お料理今晩どうしよう?

毎日の食事を作る母親、父親にとって頭を悩ませる晩ご飯のメニュー。ときにはその残りものが翌日のお弁当に入る場合もあるから、持ちがよく、家族皆が好きなもの、と考えると結構メニューも限られてきてしまうんですよね。

 

ちょっと変わった凝ったものを作っても、結局、皆に不評だったりして新規開拓も難しいですね。いまはお料理レシピがインターネットで簡単に手に入るので、お料理の幅は広がっています。冷蔵庫の中のあるもので、なにが作れるかなども検索したら早いですよね。いままで馴染みのなかった食材が世界各国から入ってきていますので、ぜひ、新しい取り組みや新しい味にチャレンジしてみましょう。

 

もし素材自体が変わらなくても味付けやスパイスを変えるだけで、ずっと異国チックな味になりますよ。ハーブを使ったりちょっといつもと違う調理法を試してみると、ずっと料理の奥行きが広がるでしょう。子供の為だけではなく、ときには大人用に料理をつくり、子供にも味見させてみてはいかがでしょうか。

 

銀座 個室

牛肉のお料理

牛肉というと、日本でいうところのステーキ、焼き肉、すき焼きなど、ごちそうの部類に入り、何か特別なときの外食に使われることが多いです。牛肉といっても各部分ごとに料理法が違い、基本的柔らかいサーロインやヒレ、リブロースが使われています。スネ、バラ、肩などすこし固めの部分のお肉は煮込む料理、カレーやシチューでその個性を最大限に発揮します。

 

またスジ肉もよく煮込むことによって、美味しいメニューになります。食べることができない部分もスープストックを作るために使えます。また、ワインやビールなどで一緒に煮込むと柔らかくなり、より美味しくいただくことができます。牛肉を焼くときは、脂身が多い肉は早めに塩こしょうをしてもいいのですが、赤み肉では焼く直前に塩こしょうをすると肉の旨味が逃げ出さないで済みます。肉によって調理法や味付けを工夫してみましょう。牛肉を柔らかく、その美味しさを十分味わいましょう。牛肉は刺身として生で食べる場合もあります。

 

子供服のブランド通販